ねこのじかん

hazukicat.exblog.jp
ブログトップ

Happy Birthday!

今日1月30日は伴侶のお誕生日でした。
だからってわけでもないのだろうけど、直行直帰でのんびりさせてくれた会社ってステキ。
(あんまり早く帰ってきたので、私はびっくりしましたが・笑)

で、せっかくだからとケーキを買いに、東十条駅前のシェルボンへ。
ここのケーキは滅法おいしいのですよ。
サイトにケーキの紹介が載ってるのですが、
はっきりいってこの味でこのお値段は破格値だと思うねっ。

難は、うちからここに行くときは急な坂を下ること。
下るってことは、帰りは上るわけで――
――おかげでまた筋肉痛になっちゃって、足腰がぴしぴししてます。
(自転車を降りればいいという話もあります)

それにしてもうちのダンナサマ、「なに食べたい?」と聞いたら
「(自家製の)カレーでいい」といってくれる辺り…
私は楽でいいけど、お誕生日のディナーがこれで、本当によかったんでしょうか。
週末は温泉に行っておいしいもの三昧の予定だから、いいのかなあ?
[PR]
# by hazuki-cat | 2007-01-30 22:57 | (゚д゚)ウマー

ホーロー鍋さがして放浪中。

ずっと使ってたホーロー鍋をうっかり空焚きしてしまい、今、新しいのを探してます。
商店街のお店やIYのような大手スーパーを見にいっても、ほしいものはなかなかないですね。
あるのはアルミ鍋ばっかりで。
「ホーロー鍋あります?」とお店で聞くと、やたらル・クルーゼを勧められるけど、
色や形の派手さ、重さと「ほっこりの人御用達」なトコがイヤ。(←言いがかりにもほどってもんが)

仕方がないのでネットで検索して探してます。
今のところ候補かな?と思ってるのはこれとかこんなの

しかし困った。
たかが調理器具でも好みのものがあまりないってのは、要するに私の趣味がヘンクツなだけ?
う~む。
[PR]
# by hazuki-cat | 2007-01-29 23:55 | おかいもの♪

フリーマガジンの限界

つい先日、「R25」最新号に掲載されたクマムシの話をmixiニュースで読みました。
これはちょっと端折ってある雰囲気だったので詳しいトコはどんなもんかと思い、
昨日の夜、ちょうど近所のコンビニにあったのをもらってきました。

え~と。そろそろこのフリーマガジンも廃刊が近いですか?(黒)

いえね、以前の「R25」は、発行日の木曜日でさえ入手が難しいこともあったんですよ。
つまり、それだけピックアップ率が高かったってこと。
だけど今は…土曜日の夜になっても山盛り残ってる現実。
発行部数を増やした?…その割に、表紙の作りにもお金をかけなくなったのがありありと見えます。
PP貼りをやめちゃって薄っぺらで、なんだかみすぼらしい感じです。
中身は…なんというか…悪循環に踏み込んじゃってませんかこの“雑誌”。
内容が面白くない→PU率低下→広告量(料)が減る→予算縮小
→お金をかけずに制作→ますます面白くなくなる→さらにPU率悪化
→広告が…(以下ループすると思われます)

これは「R25」に限ったことじゃなく、
東京メトロで置いてる「メトロミニッツ」でも同じことが言えます。
今じゃ、あまりのくだらなさに読む気にもならないもの。

先ごろ創刊されてニュースになっていた街配りのマンガ雑誌「コミック・ガンボ」も
一応もらってきて読んだけど、果たしてこのあと続きますかね?
少なくとも私は、もう二度と手に取らないと思います。
なんというのかな、電車の中で広げられない感じがダメ。
青年誌だからって、オネーチャンのグラビアがバーンとあるようなのをタダでバラ撒かれたら、
女性は敬遠します;;
どうせなら「モーニング」や「スピリッツ」みたいに、
男女問わず読めるような雰囲気にすればよかったのにね。

書店で雑誌を少々売っても、たいした儲けにならない。これは確か。
トーハン・日販のような流通だけでも相当の手数料を持っていかれ、
店売りのリスクがかなり高いってことは、よくわかります。
無償配布の生活情報誌や健康情報誌の編集をやっていた経験もありますし、
去年までは全国誌の編集長を務め、毎月売り上げのシビアさを見て、肌で感じてましたから。
だからこそ、もういっそ広告からの収入だけと割り切っちゃって本を出そう、
そう考える事情や気持ちも理解できます。理屈では。

でも、読み手にしてみれば「タダ・もらう・うれしい」って単純なものじゃない。
魅力がなければ手にとってもらえないという状況は、
ある意味、書店売りの本よりも厳しいと思うんですよ。
店売りなら、その号毎に書店で表紙なり中身なり少しチェックしてみて、
おもしろそうになってれば買う。ダメなら買わない。
手渡しする雑誌では、それができないでしょ?
前の号がよくなければ、もう手をのばしてみようとは思いません。
ラックで設置されている本なら、パラパラめくって終わる量だけに、その場でサヨウナラです。

作っている方に失礼を承知で、敢えて。
最近やや乱発気味になっているこの手の印刷物は、
雑誌作りに必要な「心意気」を持っていないように感じられるんです。
要するに「タダのチラシじゃ見てもらえないから広告を読ませるようにしたい」んでしょうけど、
読者って、少しでもアコギな臭いがするものには意外に敏感ですよ?

フリーマガジンはわざわざお金を出して買わないものだからこそ、
自分でお金を出したという自覚を超える何かがないと、情報が頭に残らない。
いずれは「タダでも要らない」ってことになって、読み続けてもらえないの。
この感覚、今フリーマガジンの制作サイドにいる方にわかるかしら。

「フリーマガジン(ペーパー)が花盛り!」なんて言われてるのは、本当なんでしょうか。
広告代理店だけがそういって煽り、無理カラお金を集めてるような気もしてきたり。
[PR]
# by hazuki-cat | 2007-01-28 23:37 | Cogito, ergo sum

納豆騒動はまだまだ続く

あ~あ、やっちゃった。

何かとツッコミどころの多かった今回の納豆騒動ですが、
ついにこんなところにまで話が転がってきましたね。

あるある大事典:「納豆ダイエット」はねつ造 関西テレビ
 関西テレビ(大阪市北区)は20日、今月7日にフジテレビ系で全国放送したテレビ番組「発掘!あるある大事典2」で、事実とは異なる内容が含まれていたと発表した。「納豆を食べるとダイエットができる」との内容だったが、研究者のコメントや被験者の検査データをねつ造していた。同テレビは社内に調査委員会を設け、原因の究明を行うとともに過去の放送分についても検証を行い、番組を継続するかどうかを含めて検討する。また、21日午後9時から放送予定だった同番組は、テーマは納豆ではないが放送を休止し、後ろの番組の「スタメン」を1時間前倒しし、冒頭で一連の経緯を説明する。
 同テレビによると、(1)被験者がやせたことを示すのに別人の写真を使用(2)米の大学教授の発言の日本語訳の一部をねつ造(3)被験者の一部の中性脂肪値が正常値になったとしたが、測定せず(4)納豆を朝2パックまとめて食べた場合と、朝晩1パックずつ食べた場合の比較で、被験者の血中イソフラボン濃度の結果をねつ造(5)被験者の血中のDHEA(ホルモンの一種)量検査のデータをねつ造、また、許可を得ずグラフを引用――していたことが分かった。
 千草宗一郎社長は「報道機関でもある放送局として、視聴者の信頼を裏切ることになった。誠に申し訳ない」と謝罪した。
 同番組は関西テレビの社員2人と番組制作会社「日本テレワーク」の4人がプロデューサーを務め、テレワーク社の取締役1人がコンプライアンス(法令順守)担当者になっていた。実際の取材は孫請けを含む9チームの番組制作スタッフが行っていたが、どのチームが担当していたかについては「調査中」として明らかにしなかった。
 今回の問題は、「週刊朝日」の取材をきっかけに同テレビが調査を行い、明らかになった。
 健康ブームを背景に健康をテーマにした番組は増える傾向にある。「納豆」の回でも全国の小売店で一時納豆の売り切れが相次ぐなど、社会現象となった。そんな中で起こった今回の不祥事で、改めて放送倫理のあり方が問われそうだ。【北林靖彦】
毎日新聞 2007年1月20日 19時14分 (最終更新時間 1月20日 22時58分)
-------

実は昨日、Blogをご覧になったある方から、私にまで取材依頼をいただきまして。
この「事件」、まだまだ続きがありそうです。


*******
1月21日追記。
なんだかやけにアクセスが急増してるなと思ったら、
先日書いたものが、TB先のlivedoorニュースで紹介されてしまってました;;
どうりで取材依頼なんて来るわけですよ。

モノカキの端くれとしても、社会性のある内容を書くときは
ますます気を引き締めていかなきゃいけませんな。
…ま、ゆる~い日常もあいかわらず書いていくつもりですけれども。
[PR]
# by hazuki-cat | 2007-01-20 23:33 | ニュウス

納豆騒動・その後

件の納豆騒動について、livedoorニュースで「裏事情」が報道されていました。
前回のときはまだ(上)しか書かれてなかったのですが、(下)も掲載されたので
改めて両方貼っておきましょうか。
フジ系列 『発掘!あるある大辞典II』、放映前に内容が大手に漏洩(上)
フジ系列 『発掘!あるある大辞典II』、放映前に内容が大手に漏洩(下)
# 「記事はPJ(パブリック・ジャーナリスト)=市民記者によるもので
# ライブドア本体とは関係ありません」 …と断り書きがあるけど、
# インサイダー取引にまつわる去年の騒ぎを思えば、なかなか皮肉なものですね

記事はおもに「放送内容の事前漏洩を糾弾する」内容。
これに関しては、制作会社に直結した連絡業者がいる以上、今後もなくならないのでしょう。
問題は、資金力のある特定業者、つまり大手スーパーが情報を握り
商品を買い占めに走るという、後先考えない行動にあるように思います。
儲け時を逃したくない商人魂は理解できなくもないんですけどね…
…彼ら、顧客(=消費者)のことなんか考えちゃいないでしょ。

で、中小の生産者が増産体勢に入れる頃になったら、とっくにブームは去っているんですよ。
今回の件で、昔ナタデココで起こった問題を思い出しました。

「品切れ報道」を利用した販売戦略という意味では、
サントリー「伊右衛門」発売時のことも彷彿とさせます。
あの時は実際、ないところにはなくても、他所では山積みだったんだ。

あんまりアコギなことやってると、
そのうちお客さんが離れちゃうんじゃないかと思うんですけどねぃ。
[PR]
# by hazuki-cat | 2007-01-17 23:43 | ニュウス

埼京線、人身事故で不通に

恵比寿で人身事故があって、埼京線と山手線が止まってました。
ちょうど新宿に出かけてたもんだから、帰りはエライコトに。
迂回して帰ろうにもホームに降りられないってどういうことですか。
混雑で「二次災害」が起きそうな勢いでしたよ。
人混みが大嫌いな伴侶は車で直帰だったからよかったものの、
電車だったらきっと、あまりの惨状に暴れてたことでしょう。

毎回こういうことが起こるたびに思うんですが、
JR職員の対応のまずさはいつになったら改善されるんでしょうね。
あと、電車の中暑すぎ。
電車を降りて家に着くまでに汗が冷え、風邪を引きなおしそうな感じです。
みんなコート着てるんだから、暖房は入れなくていいと思うんだけどな。
弱暖房車の導入希望。
[PR]
# by hazuki-cat | 2007-01-16 22:01 | 日々是平安

がんばれ不二家

f0014658_107194.jpg不二家:チェーン店で「ペコちゃん焼」の販売継続 東京
洋菓子販売用の棚(奥)が空の店内で、ペコちゃん焼きを買い求めるため、行列を作る客=東京・神楽坂で14日午後3時51分、小出洋平写す(毎日新聞サイトより転載)

 大手菓子メーカー、不二家が洋菓子販売をチェーン全店で休止する中、東京都新宿区の飯田橋神楽坂店は独自商品の「ペコちゃん焼」を販売し、営業を続けている。
 同店などによると、ペコちゃん焼は同店がフランチャイズ店になった67年直後から販売を始めた。ペコちゃんの顔をかたどった生地にあんを入れ、1個105円。子どもの握り拳ほどの大きさだ。当初は全国十数店舗で売られたが、現在はこの店だけという。
 販売を続ける理由について、「原材料は店で直接調達し、この場で焼いて販売している。一切工場とは無縁」と説明。一方で、今回の問題を「重く受け止め、フランチャイズの一員として、本社にも社会的責任を全うするよう強く進言していく」としている。
 店頭には14日も常時20人程度の行列ができ、従業員が休む間もなく製造にあたった。ライブを見るため上京し10個買った名古屋市の会社員、中田里奈さん(30)は「子どものころからショートケーキが大好きだったので、店頭にないのは寂しい。『ペコちゃん焼』はないかと思ったが、売っていたので会社の人にも渡します」と話した。【森禎行】
毎日新聞 2007年1月14日 20時00分 (最終更新時間 1月14日 21時38分)
-------

確かに、不二家の生洋菓子はあやしいと思うんですよ。
昔、不二家でバイトしていた友人からヨカラヌ話も聞きましたし、
実際のトコ、不二家の店頭で売ってるケーキを食べておなかを壊したことは何度もあります。
食品を扱う企業としてやっちゃいけないことをしたこともわかります。

でもね。
カントリーマアムやミルキーがなくなっちゃうのはヤダー!ヽ(`Д´)ノ

ここぞとばかりに皆して重箱の隅をつつき、
よってたかって潰そうとしてるようなキナ臭さを感じます。
雪印のときもそうだったけど、得するのはいったい誰なんでしょうね?

ニュースに出ていたのは、大叔父の家の近くにある不二家の話。
幸か不幸かものすごく混んでるようだけど、また飯田橋に行くときは寄ってみようかな。
[PR]
# by hazuki-cat | 2007-01-15 10:06 | ニュウス

納豆騒動・2

先日も書きましたが、その後も「納豆騒動」は続いている模様。
「納豆」でBlogの検索をかけると、納豆好きさんのボヤキ日記がいくつも出てきます。
スーパーでは今日も納豆の棚は空っぽ。メーカーが出したお詫びのPOPが揺れていました。

でもね、すぐ隣にあるコーナーでは豆腐が山積み。
イソフラボンが本当にダイエットに効くというのなら、豆腐でも同じ効果があるはずなのにね。
(しかもこのスーパー、今日は特売で3丁100円!)
皆さん、いかに偏った「知識」で動いてるかってことですかね。

私はといえば、スーパーの販売戦略にはのせられたかもしれません(笑)
晩ゴハンのメインは湯豆腐でした。
だって豆腐のすぐ近くに、日高産のいい昆布を置いてたんですもん。


さて、ここまでなら私の駄文もただの「納豆好きのボヤキ」で終わるんですが。
livedoorニュースではこんなニュースが掲載されていたようです。
大手スーパーには商品があって、うちの近所のような中小スーパーにはなかった事情が、
なんとなく読めてきました。
かなり以前から「あるある大辞典」の放映内容は事前に流通サイドへ流れていたのですが
(それをFaxやメールでバイヤーに知らせることを生業としている専門業者までいます)
消費者をなめるのもいいかげんにしましょうよ…。('A`)
[PR]
# by hazuki-cat | 2007-01-14 23:52 | ニュウス

納豆が買えない理由

納豆が大好物の私ですが、ここのところちっとも買えずにいます。
どこのお店に行ってもキレイサッパリ、納豆がないのです。
またTVでアホな健康情報流したか?と思えば、案の定
毎日新聞ではこんな記事も掲載されました。
-------
納豆:TV番組でダイエット効果紹介、売り切れ相次ぐ
 「納豆を食べればダイエットできる」とテレビ番組が紹介し、全国各地の小売店で納豆の売り切れが相次いでいる。メーカー各社は増産を急ぐが、依然として品薄の状態が続き、新聞に「おわび広告」を掲載するメーカーも出るなど異常な事態となっている。
 7日放映のフジテレビのバラエティ番組が、納豆を2週間食べ続け体重を減らした男女の事例を紹介。納豆のイソフラボンが体内の特定のホルモンを増やし、ダイエット効果を生むとする。
 放映後、若い女性を中心に売り上げが急増。タカノフーズ(茨城県小美玉市)やミツカン(愛知県半田市)は品切れのおわび広告を11日朝刊に掲載する。
 あるメーカーの担当者は「うれしい悲鳴と言いたいが、お客様に迷惑を掛け、喜んでばかりいられない」と複雑な表情をみせる。【武内亮】
毎日新聞 2007年1月10日 23時07分
-------

…あのさ、食べるだけ食べて運動しなかったら、痩せる訳ないじゃん;;
ちょっと考えればわかりそうなものなのに、
こういうのにいちいち踊らされてる人は脳みそ沸いてますか?

だからTVは嫌い。あとさき考えずに煽るだけ煽ってアホを殖やす。
食品業界ではこういう宣伝になる似非健康情報で売り上げ伸ばしてウハウハ、
大歓迎かもしれないけど、
純粋にその食材が好きで食べてる人のことも考えていただきたい。
[PR]
# by hazuki-cat | 2007-01-11 18:49 | ニュウス

ダ・ヴィンチがないっ!!

f0014658_17252543.jpg今日は打ち合わせで恵比寿へ出撃。
ホームの発車ベルというか音楽を聞いて
「ビール飲みたい~~~」モードになりましたよ。
あの音楽はサッポロの陰謀だと思います。いやまじで。

で、打ち合わせが終わって駅ビルの本屋に寄ったのですが、
この間発売されたはずの「ダ・ヴィンチ」がないっ!!
お店の人に聞いても「売り切れました」とのことで(´・ω・`)

結局、新宿→赤羽とエキナカの書店を見ても品切れ、
十条銀座の行きつけの店にもなくなってました。
ナニがあったんだ、ダ・ヴィンチ。

帰ってからサイト見たら、涼宮ハルヒ特集だったようですね。
手に入らないとなると余計読みたくなったりして。
…こうなったら必ず置いてるネカフェか?(←そこまでしなくても
[PR]
# by hazuki-cat | 2007-01-10 20:09 | 日々是平安

朝が来る

You gotta wake up early in the morning 今日もまた朝が来る
You gotta wake up early in the morning あなたはいなくても


…なんて歌がありました。
私にとっての「あなた」=伴侶は今もしっかりいて、隣の寝室で爆睡しとりますが。

ぜんぜん眠れないまま朝になっちゃいましたよ。
頭は割れるように痛いのに、どういうことですかいったい。 とほほ…

f0014658_642594.jpg実は今日、どうしても
行かなければならないところがあるのです。
場所は初台The DOORS
グラフィックデザイナー・海老名 淳さん主催の
『evi-night vol.4/針生夏樹送別会』。
昨年11月に亡くなった画家・映画監督の針生夏樹さんをおくるライヴイベントです。


Shakeやコンタも出演するとあって、演る方も聴く方もなかなかパワーの要りそうな感じ。
針生さんの遺作『DRAW』も上映されるそうです。

…なのに、眠れないんじゃ困ったもんだ。

とりあえず、もう一度横になってきます。
どうか今度こそ眠れますように。
[PR]
# by hazuki-cat | 2007-01-07 06:24 | 日々是平安

ネット上の茄子畑

また「アルファ農園」始めました。今度は茄子畑。
どんな風に育つのか楽しみです。
f0014658_12551811.jpg
とんぼが飛んでいるところを見ると、どうやら秋のコンテンツだったようですね。
[PR]
# by hazuki-cat | 2007-01-03 12:55 | Game

2007年初日記~

あけましておめでとうございます。
正月から呆けて抱負も出てこないほどダメダメです。
こんな私ですが、今年もどうぞよろしく。

     *     *     *

さて、年が明けてまもなく、我が家での年越し組4人で初詣に行ったですよ。
地元の王子神社へ。
名目は「巫女さん詣」(男性陣の希望により…)だそうですが。
なにぶん私、王子神社への初詣は初めてで事情を知らず
たいした人出じゃないだろうと高を括っていたら。

甘かった。
神社から列がずらりと延びて、音無川の橋の先まで行ってました。
参拝客の中にはピカチュウ着ぐるみ姿のお嬢さん(成人)もいました。
あの気温では、実は正しい姿だったのかもしれません。
着ぐるみ+ダウンジャケットであったかそうでした(笑)

で、肝心の巫女さん。
いなかったね(笑)
いたのは覡、つまり男の人ね。残念でした。
帰って調べたら、芝大神宮なら巫女さん常駐だそうです。あと、上野東照宮とか。

その後はミルクティー飲んであったまったり仮眠したりして、
忘年会兼新年会がお開きになったのは午前10時過ぎだったか。
狭いところおつかれさまでした。
次の年越しはマンション完成→引っ越しで広いリビングになるから、
もうちょっとゆったりできるかと。
また皆さん、遊びにきてやってください。
[PR]
# by hazuki-cat | 2007-01-01 20:27 | 日々是平安

太陽の力で歩きタバコを注意

港区:ソーラー電源使い音声放送「歩きタバコやめて」 きょうから浜松町駅で /東京
12月22日11時1分配信 毎日新聞
 港区は路上喫煙や吸い殻の投げ捨てを禁止する「みなとタバコルール」をPRするため、全国的にも珍しいソーラー電源を使った音声放送設備2機を設置し、22日から放送を始める。
 設置場所は区役所に近く区の玄関口ともいえるJR浜松町駅の南口と北口。約1分40秒のマナー向上メッセージを朝夕の通勤時間帯や昼食時などを中心に1日30回流す。ソーラー電源を使った設備は通常、照明器具が中心で、音声放送設備は「全国的にもほとんど例がない」(芝地区総合支所)という。
 同区は主要駅を中心に指定喫煙コーナーを設置し、定期的に清掃をするなど分煙化や喫煙マナー向上を推進してきた。しかし「火が子どもの顔の前に来る」など、歩きたばこに関する苦情は依然年間70~80件にものぼることから、PRに知恵を絞っていた。
 設置費用は約200万円。高さ約2.5メートルの支柱にソーラーパネルとスピーカーが付けられ、5人の子どもの声で「(歩行喫煙では)たばこが顔の高さにあり怖いです。みんなできれいな街にしたい」などと流れる。【窪田千代】12月22日朝刊
-------

yahooニュースのトピックタイトル(今日の表題)が面白かったため目についたのですが、
ソーラー電源を使って歩きタバコに注意を促す放送を流すとか。
発想としてはユニークだなと思いました。

ただ路上喫煙って、きちんとした(周囲と隔絶された)喫煙所が充分でないことも
大きな要因のひとつになっていたりするから、
いくら呪文のように注意を呼びかけても片手落ちなんじゃないかしら。
喫煙者も非喫煙者も快適に過ごせる環境(設備も含めて)を作らないことには、
根本的な解決にはならないんですよ。

JTも偽善的なCMを流すだけで逃げてないで、少しは意味のあるものに出資すれば?
その方がよっぽど、企業イメージがアップするのにね。
[PR]
# by hazuki-cat | 2006-12-22 23:13 | ニュウス

記憶の底に響いている声

刷り込みというのは恐ろしいもので、物心ついた頃から記憶の底で響き続けている声がある。
岸田今日子さんが朗読する、鈴木三重吉の「湖水の女」だ。
「湿ったパンを持った人よ 私はあなたのお嫁になりたくはありません」
こんなフレーズを幼児期の記憶に残している人は珍しいかもしれない。

Johanesburgで過ごしたコドモ時代、私は絵本とレコードに囲まれていた。
日本を離れて海外にいると日本語に触れないまま育つことになるのを恐れ、
両親は日本から「ドレミファブック」などのレコードつき絵本シリーズを取り寄せた。
おかげで妙に童謡のレパートリーが多くなり、
ほうっておくといつまでもさえずり続ける、少々やかましいコドモになってしまった。
私の基礎部分は、PaddintonとPeter RabbitとNursery Rhymes(Mother Goose)、
それにこれらのレコードつき絵本で形成されたように思う。

「湖水の女」は、その中にあった「赤い鳥名作集2」(中央公論社・刊)に収録されていて、
なぜか私は何度も何度も繰り返しレコードを聴いていた。よほど気に入ったのだろう。
多少の記憶違いはあるが、そらで暗誦できるまでになって、今でも大部分を覚えている。

その「最初の記憶」を作ってくれた岸田今日子さんが、17日に亡くなったと聞いた。
実際にお会いしたことはついになかった人だけど、なんだか寂しくって仕方がない。
[PR]
# by hazuki-cat | 2006-12-21 23:53 | 絵とおはなし