ねこのじかん

hazukicat.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

太陽の力で歩きタバコを注意

港区:ソーラー電源使い音声放送「歩きタバコやめて」 きょうから浜松町駅で /東京
12月22日11時1分配信 毎日新聞
 港区は路上喫煙や吸い殻の投げ捨てを禁止する「みなとタバコルール」をPRするため、全国的にも珍しいソーラー電源を使った音声放送設備2機を設置し、22日から放送を始める。
 設置場所は区役所に近く区の玄関口ともいえるJR浜松町駅の南口と北口。約1分40秒のマナー向上メッセージを朝夕の通勤時間帯や昼食時などを中心に1日30回流す。ソーラー電源を使った設備は通常、照明器具が中心で、音声放送設備は「全国的にもほとんど例がない」(芝地区総合支所)という。
 同区は主要駅を中心に指定喫煙コーナーを設置し、定期的に清掃をするなど分煙化や喫煙マナー向上を推進してきた。しかし「火が子どもの顔の前に来る」など、歩きたばこに関する苦情は依然年間70~80件にものぼることから、PRに知恵を絞っていた。
 設置費用は約200万円。高さ約2.5メートルの支柱にソーラーパネルとスピーカーが付けられ、5人の子どもの声で「(歩行喫煙では)たばこが顔の高さにあり怖いです。みんなできれいな街にしたい」などと流れる。【窪田千代】12月22日朝刊
-------

yahooニュースのトピックタイトル(今日の表題)が面白かったため目についたのですが、
ソーラー電源を使って歩きタバコに注意を促す放送を流すとか。
発想としてはユニークだなと思いました。

ただ路上喫煙って、きちんとした(周囲と隔絶された)喫煙所が充分でないことも
大きな要因のひとつになっていたりするから、
いくら呪文のように注意を呼びかけても片手落ちなんじゃないかしら。
喫煙者も非喫煙者も快適に過ごせる環境(設備も含めて)を作らないことには、
根本的な解決にはならないんですよ。

JTも偽善的なCMを流すだけで逃げてないで、少しは意味のあるものに出資すれば?
その方がよっぽど、企業イメージがアップするのにね。
[PR]
by hazuki-cat | 2006-12-22 23:13 | ニュウス

記憶の底に響いている声

刷り込みというのは恐ろしいもので、物心ついた頃から記憶の底で響き続けている声がある。
岸田今日子さんが朗読する、鈴木三重吉の「湖水の女」だ。
「湿ったパンを持った人よ 私はあなたのお嫁になりたくはありません」
こんなフレーズを幼児期の記憶に残している人は珍しいかもしれない。

Johanesburgで過ごしたコドモ時代、私は絵本とレコードに囲まれていた。
日本を離れて海外にいると日本語に触れないまま育つことになるのを恐れ、
両親は日本から「ドレミファブック」などのレコードつき絵本シリーズを取り寄せた。
おかげで妙に童謡のレパートリーが多くなり、
ほうっておくといつまでもさえずり続ける、少々やかましいコドモになってしまった。
私の基礎部分は、PaddintonとPeter RabbitとNursery Rhymes(Mother Goose)、
それにこれらのレコードつき絵本で形成されたように思う。

「湖水の女」は、その中にあった「赤い鳥名作集2」(中央公論社・刊)に収録されていて、
なぜか私は何度も何度も繰り返しレコードを聴いていた。よほど気に入ったのだろう。
多少の記憶違いはあるが、そらで暗誦できるまでになって、今でも大部分を覚えている。

その「最初の記憶」を作ってくれた岸田今日子さんが、17日に亡くなったと聞いた。
実際にお会いしたことはついになかった人だけど、なんだか寂しくって仕方がない。
[PR]
by hazuki-cat | 2006-12-21 23:53 | 絵とおはなし

成城石井がダメになった

今日は、1ヶ月ぶりくらいに新宿ルミネ2の成城石井へ。
さて、本日のお買い上げは?というと…

何も買いませんでした

成城石井オリジナルのアッサムも米国マコーミック社のスパイスも姿を消し、
母も大好きなスモークサーモンはあったけど、値段は同じでも内容量が約1割減ってた。
ここでしか買えない*いいもの*がたくさんあったはずなのに、
品揃えがここまで変わると、もはや「私の好きな店」じゃない。
いったいなにがあったというのでしょう。
年末年始の分まで買い込む気満々で出かけたけど、
大層ショックで買い物をする意欲が完全になくなってしまったのですよ。
この店に行って買ったものがゼロというのは、今まで一度もなかったことです。

もう、成城石井には行かないかもしれません。くっすん。
[PR]
by hazuki-cat | 2006-12-20 23:55 | おかいもの♪

冬のBarvillage

以前ここでも書いたバルビレッジ
ひさびさにつないでみたら、地面の色がすっかり冬の風景です。
参加者数も急激に冷え込んでいるようで、
乾杯した「お友だち」の数は120人以上いたはずなのに、
今では86人まで減っていました。(45日間ログインなしだとキャラが消えるシステム)
基本的にはモノを集めてきて飾るだけのシンプルなゲームだから、
目的を達成=ほしいアイテムを集めてしまえば飽きるということなのでしょう。
f0014658_2134719.jpg
それにしても、なんだろう、この寒々しさは。
秋の風景も微妙な空気だったけど、冬だからって冬色にしちゃうのはいかがなものかと。
夏の季節感たっぷりのアイテムがあると、寒さが弥増す気がします。
SSは、お散歩していて見かけたおうちです。
雪と氷の地面に、かき氷onサーフボードは寒いです。

またしばらくしたら覗いてみるつもりですが、そのときこのSSのおうちはあるんでしょうか?
…ゲームそのものが消えているような気がしないでもありません。
[PR]
by hazuki-cat | 2006-12-12 21:31 | Game

八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里

温泉に行って参りました。場所は伊豆高原、「八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里」。
人前で肌をさらすのが苦手なので、
お部屋に温泉がついているところがないかな…と探していたら、
今年の8月にオープンしたばかりのこの宿にたどりついたわけですが。

ダメな人を作るにはうってつけ(笑)のところでした。

f0014658_12125369.jpg居間にはこたつ、敷地内で採れたみかんつき。
ベッドはロータイプで、隣の部屋に。
基本的にほっといてくれるのがいい按配です。
天窓からは月が見え、目の前は田んぼとせせらぎ。
敷地内の川にはメダカと虹鱒?がいました。
2食ついてたゴハンも最高!
夜中には小川の畔に夜鳴きそばの屋台(無料)が出て、
お替り自由だっていうじゃあありませんか。
…や、晩ゴハンのコース(今回は海鮮料理を選択)が
たっぷりだったから、1杯あればいいんですが(笑)
部屋に戻るとき焚火で焼いた焼芋を持たせてくれました。
伴侶は大浴場を堪能してきたようです。
これで往復の交通費入れて一人4万円しない(※)なら
安いものですわ。(※「離れ 竹ぶえ」;JTBの宿泊プラン利用)

チェックアウトしたあとは、「ねこの博物館」で思う存分猫たちをもふり倒してきました。
アレルギーが出てエライめにあったけど、大満足です。
[PR]
by hazuki-cat | 2006-12-08 01:51 |

サインというもの

仕事柄、著名人と呼ばれる方にお会いすることが多い。
雑誌の編集をしていれば、サインをご著書にいただいて読者プレゼントにする場合もある。
大きな書店ではサイン会が開かれている場面もよく見かける。
かつて私も、購入した本に著者のサインをいただいたことはある。

しかし、実のところ。
その人に会った証拠として、思い出として…とサインをもらって残すというのが、
どうにもピンとこないんである。
表紙を開いた余白部分にサインをするにしても、
その本の制作に関わる人は紙を選び、その場所に印刷して入れる模様をも熟考している。
つまりは「何も書き込まれていない状態」を到達点としてつくっていると思うのだ。

これが音楽CDのジャケットならなおさら。
デザイナーさんの苦労を思うと、そこにアーティスト本人のものとはいえ
書き込みを入れてデザインをこわすことは、どうしてもできない。
ましてオークションなどで「○○さんのサイン入り!」と銘打って
高値で取引されているのを見かけたりすると、なんだかなぁ、と思ってしまう。

私が変人なのか、冷めているのか?
サインをする側である著名人の方々のご意見も伺ってみたいものだ。
[PR]
by hazuki-cat | 2006-12-03 23:48 | Cogito, ergo sum