ねこのじかん

hazukicat.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

七味缶MP3 PLAYER、現る。

f0014658_19523171.jpg我が伴侶は信州人、御柱祭りで知られる諏訪の男である。
七味といえば「八幡屋礒五郎」。
信州善光寺名物の由緒正しき七味唐辛子を愛用している。

この七味の老舗が、密かに?こんなものを作っていた。
キャッチコピーは「人生に音楽というスパイスを」。
本物の七味缶を使ったMP3 PLAYERだ。


どどどどどうしよう。買ってしまいそうな自分がいるんですが(笑)
…11月3日発売かぁ。(←何か考えているらしい)
[PR]
by hazuki-cat | 2006-10-28 05:38 | おかいもの♪

あくまで「中傷」にしたいらしい

移植希望女児の募金、目標達成=ネット上の中傷乗り越える-東京
 原因不明の「特発性拘束型心筋症」と診断され、米国での心臓移植手術を希望している東京都三鷹市の上田さくらちゃん(4)について、支援団体は23日、手術に必要な募金目標額の1億3600万円を達成したと発表した。募金活動は終了し、さくらちゃんは年内に渡米する。
 募金をめぐってはさくらちゃんの両親がNHK職員だったこともあり、インターネット上で「身銭を切っていない」などとする中傷が相次ぎ、ネット社会の問題点が浮き彫りとなっていた。支援団体は目標額のうち、3000万円は両親の自己負担であることを公表している。 
(時事通信) - 10月23日22時1分更新
-------

なにが問題になっているかも理解できない記者ばっかりなんですね。
おまいさんがたの目はお飾りかい?
[PR]
by hazuki-cat | 2006-10-23 23:41 | ニュウス

「ベルリンの壁」と亡命者と銃殺

社会科の授業で習ったせいだったか、ずっと「旧西ベルリン=西ドイツ領」と思い込み、
東ベルリンから西ベルリンに亡命するのは命がけだった――と信じ込んでいた。
おそらく私と同年代の大概の日本人は、同じように覚えていると思う。

ところがどっこい
なぁんだ、別に大変なことでもなんでもなかったのね。(以下、リンク先から引用)
※壁建設後、88年までの亡命者数は年平均2万2505人と、それまでの10分の1以下に減った。西ドイツ政府は「東ドイツも本来ウチの領土であり、そこの住民も本来はウチの国民」という立場だったから、亡命に成功した者には無条件で西ドイツの国籍が与えられた。また西ドイツ政府は東ドイツ政府から「政治犯の買い取り」も行い、63年から89年までに3万3755人の政治犯が西ドイツに移されて釈放された。当時、ベルリンの壁を越えようとして東ドイツの警備兵に銃殺されるという事件が起きていたが、そんな危険を冒さなくても西ドイツ行きの列車に乗れば簡単に亡命できた。つまり列車が国境に着いて東ドイツの警備兵がパスポート検査に来たら、「パスポートなんて持ってません。西へ亡命したいんです」と申し出る→その場で逮捕されて政治犯になる→西ドイツ政府が買い取ってくれて亡命できる・・・という仕組み。いや、わざわざ列車に乗らなくても、ベルリンの壁の検問所で「西へ行きたい!亡命したい!」とダダをこねて逮捕されれば、結果的にホントに亡命できたらしい。政治犯の買い取り価格は1人9万5847マルク(77年以降)で、離散家族も含め合計25万人を買い取り、35億マルクを支払ったという。
昔、新谷かおるの『砂の薔薇~デザート・ローズ』で読んだ
「鋼鉄の処女・ヘルガ」のエピソード(*)はなんだったのか。
まぁ新谷かおるの作品自体、設定に綻びだらけでツッコミどころ満載なんだけど。

*旧東ドイツ出身という設定。東ベルリンから命がけで亡命し、身篭っていた子を亡くす。
[PR]
by hazuki-cat | 2006-10-19 23:52 | Internet散歩

チキンラーメン&どんぶりセット

f0014658_8412319.jpg16日から数量限定で発売していると聞き、
隣の駅の某大手スーパーまで買いに出かけました。
さすがに日清食品が力を入れているだけあって、
ラーメン売場のスポット・スペースに山積みです。
さんざ買い物したあとで荷物が重いというのに、
2セット買ってしまいました。
1個じゃケンカになるから(笑) ←どこのオコサマですか

たち吉製のどんぶりはなかなかの仕上がり。
これでラーメンつけて希望小売価格¥379は、メーカーさん大赤字なんじゃなかろうか。
ナニゲに競争率が高くなるかもしれません。
[PR]
by hazuki-cat | 2006-10-18 20:11 | おかいもの♪

新聞を鵜呑みにする人たち

「身銭切れ」心臓移植希望の女児支援HP、中傷相次ぐ
 重い心臓病のため、米国での心臓移植を希望している東京都三鷹市の上田さくらちゃん(4)を支援する「さくらちゃんを救う会」の関連ホームページ(HP)などに9月以降、批判や中傷など匿名の書き込みが大量に寄せられている。
 救う会メンバーの携帯番号や、さくらちゃんの自宅の写真などが匿名投稿者によりネット上で公開されるなど、“攻撃”はエスカレート。顔の見えないネットの負の側面が露呈した。
 NHK職員上田昌広さん(53)、同和子さん(45)の長女、さくらちゃんは「特発性拘束型心筋症」と診断され、年内にも渡米して移植手術の機会を待つ予定となっている。渡航費・治療費を集めるため、友人や職場の同僚らが8月に「救う会」を結成。1億3600万円を目標に募金を始めた。
(読売新聞) - 10月6日14時41分更新
-------

昨日、yahooニュースに掲載されていた読売新聞の記事。
ちょっと検索したら、この記事がきっかけになってすごい騒ぎになっているようだ。
この読売新聞の記事だけ読めば、
「インターネットで無責任な人たちが騒いで善意の募金をつぶそうとしている」。
しかし本当にそうか?
インターネットが発達した現代だからこそ、一般の人が
「おかしいものはおかしい」と声を上げられるようになっただけなんじゃなかろうか。

実際、私が見て回ったBlogなどの意見(例えばここ)は、闇雲に叩くのではなく
「これってどうなのよ?」と疑問を投げかける性質のものが多かった。
中傷と捉えるより「否定的な意見」とする方が、この場合は正しいだろう。
事実と報道がこれだけ乖離してしまうと、
新聞が報道していることだから正しいとはいえないんじゃないかと思ってしまう。

難病指定された病気にかかったコドモがいる。これはわかる。
でもこの子、少なくとも現状では普通に保育園に通って
他の子と一緒に遊べる程度なんだな。(週刊誌に掲載された記事によると)
緊急性という意味では「?」というレベル。

ご両親の経済状況についても疑問符がつく。
都内の高級住宅地に住み、共にNHK職員で、推定年収は4000万円超。
そして、募金を「指導」している団体そのものが、ものすごくあやしいわけで…。

もっと皆さん、自分の頭で考えましょうよ。
そのための情報は、目の前の箱(=PC)からいくらでも開けるでしょうに。
活字になったから正しいって、それは妄信じゃありませんか?
…「活字になる文章」を書いている私が申し上げるのもナンですが。

少なくとも私だったら、彼らの募金には応じない。
彼らは自分で何とかできる財力も地位も持っているから。
どうせ同じお金をつぎ込むのなら、自分でどうすることもできないほど困窮している
もっと深刻な病状と経済状況の人を助けてあげたいと思う。
[PR]
by hazuki-cat | 2006-10-07 21:32 | ニュウス