ねこのじかん

hazukicat.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

おほつごもり

今年も残すところあと24時間弱となりました。
いろいろお世話になった皆さま方、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

…って、友人たち6人は今年もうちに集まって、
4畳半しかないうちのリビングで、総勢8人、「ひとり半畳の年越し」になるんですよね(笑)
去年も一昨年もやりましたけど、きっとまた今年も、狂乱の宴が繰り広げられるのでしょう。
普段でさえ愉快な仲間ではありますが、さらに静かに壊れていく光景は見ものです。

まずはそのために、うちの中を片づけなきゃ!
ここのところ忙しくてまともに掃除できなかったから、
人を呼べる程度までというとかなり大変そうです;;
がんばりま~す。
[PR]
by hazuki-cat | 2005-12-31 00:15 | 日々是平安

キング・プロテアの記憶

Where is your native soil?ときかれて、ことばに詰まったことが何度かある。
「お国はどちらですか?」といったところ。

出身地というのはどこを指すのだろうと、つねづね思っていた。
本籍のある場所というのは、一般的なのだろうか?
私の現在の本籍地は、帰国してしばらく横浜に住んでいるときに喘息が出て
郊外に建売住宅を買って「避難」した地に過ぎないため、
(何かと戸籍謄本を取る必要があった頃で、不便だったから移したらしい)
コドモ時代の大部分を過ごした場所ではあるが、出身地と呼ぶには疑問符がつく。
しかも今では私の実家は東京都内に戻っているから、なおさらのこと。
戸籍上の出生地S市にいたっては、私がそこに住んだ事実すらない。
「父祖の地」は親戚の冠婚葬祭のときに何度か行ったことがあるきりで、
そこで育った父には所縁があるかもしれないが、私にとっては見知らぬ土地だ。

私はそこで、「South Africa.」と答える。
最初の記憶のある場所。今も懐しくてたまらない、アフリカ大陸の南の果ての国。
こことて、父母が仕事で滞在している間に私たち姉妹が生まれただけの縁であり、
私を育ててくれたLucyndaや幼友達も、Apartheit崩壊後にかの国を去っているが、
心の故郷であることには違いない。
インパクトが強すぎてみんな一発で私を覚えてくれるというオマケもつく。

f0014658_0502756.jpg昔は滅多に日本では見なかった
南アフリカ共和国の国花「キング・プロテア」。
最近は街のお花屋さんでも見かけるようになった。
ピンク色の重たげな頭を揺らすプロテアを見るたびに、
私は一瞬、小さな女の子に戻っていくような気がする。
花言葉は「自己実現」だと友人が教えてくれた。
可憐な色合いなのに造りのがっしりした花だけあって、
さもありなんと思ってしまう。
[PR]
by hazuki-cat | 2005-12-30 23:47 | Flower Power

道聞かれ体質

なぜか、人に道を聞かれることが多いのです。
私にとって初めての街でも、通りすがりの人に道を聞かれることが、本当に多い。
親しみやすそうに見えるのか、いかにもその辺に詳しいような顔をして歩いているのか、
リサーチしてみたことがないので理由は定かではありませんが…。

さて、先日も仕事で徹夜になり、朝方に一度自宅に着替えに帰ったときのこと。
朝からミーティングの予定が入っていたため急いで駅に向かっていたのですが、
それでも、駅前のバス通りでおば様に道を聞かれました。
他にも歩いていた人はたくさんいたし、
私は自転車に乗っていたわけですけれども。'`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

今まででいちばんすごかったのは、Los Angelsに行ったときのことですね。
ダウンタウンを歩いていたら、日本人留学生に英語で道を聞かれました。
どうやら現地の日系人だと思われたらしいです。
私も旅行者で、初めて行ったところで、おまけに道に迷い中だったのに;;
[PR]
by hazuki-cat | 2005-12-29 18:49 | About me+

Where do the marguerites go?

f0014658_0394457.jpgマーガレットという花は愛らしい姿に似あわず、
しぶといまでに強い生命力を秘めている。
いつだったか、とある女性アーティストのライヴで
マーガレットを一枝もらい、自宅に持ち帰って生けておいたら、
その後の数週間という長い間、次々と花が咲き続けて驚いた。

そのとき花をくれた彼女は、今年デビュー25周年だとか。
「青空と緑が大好きな珍しいロック歌手」と称し、
エコロジーを推し進める生活をしているが、
どうもここ最近、変な方向に走っていっているのは気のせい?
少し前、「近くで演るからライヴにいらっしゃい」と声をかけられ、
終わったあとに楽屋へ顔を出しに行ったときも、
TV関係者に対するアピールばかり必死で、私の存在は忘れられてる感じだったから、
スタッフに挨拶だけして、そろ~っと帰ってしまった。

詞を大事にするといっている割には、どうも薄っぺらい印象は否めないし…。
お~い、どこまで行っちゃうの?と、ちょっと心配していたりする。
[PR]
by hazuki-cat | 2005-12-28 01:53 | Flower Power

Paris Blue 『Living』

f0014658_105576.jpgもう10年前の作品になってしまうのか。
南野陽子似の声で歌のレヴェルは段違い!の谷口實希と、
メロディラインとハモのバランスが絶妙な日比野信午の
2人組ポップユニット「Paris Blue」の作品。
解散したと聞いたときは本気で泣きましたよ。

日比野氏のサウンドはポップなんだけど
ちょびっとひねってて、
居心地のいいのびのびとした音の中に一滴、
不安に揺れる気持ちのエッセンスが入っている感じ。
(特にコーラスのラインが秀逸!)
その中でもかなり練れてきた時期の、AOR色の濃いアルバムです。
cobaがアコーディオンを弾いてたり、
ドビュッシーのようなピアノが聴けたり、
アメリカ西海岸のようなカラッとした空が頭の中に広がったり、
なんだかいろいろ詰め込んである作品だと思います。
まだ一応売ってるようなので、買える人は急いで買ってください
「いつまでもあると思うなパリスブルー」 (日比野氏が自分で言ってた・笑)
[PR]
by hazuki-cat | 2005-12-26 00:10 | 音ヲ楽シム

廻ってない回転寿司

お寿司を食べたくなると必ず行くお店が、JR十条駅の近くにあります。
「男爵寿司」という、まぁ要するに回転寿司のお店なのです。
ここ、人に教えたくないレヴェルで好きなところなんですよ。

そりゃあ築地や銀座の高級寿司店には遠く及ばないにしても、
このお値段で満足できるお寿司を出せるのは大したものだと思います。
一皿120円や160円のものでも、きっちり仕事がしてあっておいしい。
ほとんどのネタはこの価格帯に入っていて、
健啖家の伴侶とふたりでおなかいっぱいいただいても、3000円ちょっと。
おいしくて安いとくれば当然お店は流行るわけで、
回転寿司なのに廻る間もなくお客さんのおなかに納まるため、
食べたいものをその都度注文することになります。
だからよけい新鮮でおいしいのでしょう。
ついでながら、店長が握る姿もナイスです。

今の時期だと、脂がのった戻り鰹をにんにくでいただくのと、
まぐろユッケの軍艦巻き、馬刺しの握りが絶品です。
そろそろ鮟肝の軍艦巻きも出てくる頃。
たぶんまた数日中に行くことになりそうですが、
いつも行ってるのに楽しみで仕方ありません(笑)
[PR]
by hazuki-cat | 2005-12-23 00:17 | (゚д゚)ウマー

紅茶のポット

うちでふだん使いしている紅茶のポットが欠けてしまったので、
買ったお店に買い足しに行ったら、もう置いていないとのこと。
取り寄せもできないと聞いてしょんぼりしていたら、ネット上でこんなところを見つけた。
今まで使っていたのと同じポットがお安い!
茶葉は一度試しに買ってみないことにはわからないけど、
ちょっと見た限りではなかなかリーズナブルで品揃えもよさそう。

次のポットは通販かな?と、わくわくどきどきサイトを眺めている私なのでした。
[PR]
by hazuki-cat | 2005-12-22 22:54 | おかいもの♪

王子狐の行列

今年も残すところあと10日あまり、年越しの話をする頃になりました。
私が住んでいる街の隣町にあたる東京・王子では、
毎年大晦日の晩に「王子狐の行列」があるのをご存じでしょうか。
狐の面をかぶり、化粧をして狐に扮した大勢の人達が行列をして歩きます。
観に来た人達を狐の世界に連れていく、幻想的なお祭りです。
王子の人たちは数十年前から「かがり火年越し」「狐ばやし」で事起しをするようになり、
きちんとした形になったのは近年になってからとのことだとか。

f0014658_2127524.gifなぜ伝聞の形で書いているかというと、
まだ見に行ったことがないからなのです。
実家からしてこれだけ近くにありながら、
大晦日の夜はたいてい、
やっと休みになって部屋の大掃除にかかりきりか、
友人たちを集めて年越し飲み会をやっている感じ。
風情も何もあったものじゃありません。
今年こそは…といいたいところですが、
どうやら今年も自宅で飲み会になるようです(笑)

右の画は、歌川広重「名所江戸百景」シリーズ中の
名作「王子装束ゑの木 大晦日の狐火」。
昔はこんな田園風景の中にあったのですね。
狐の行列について行ったら、
江戸の空へとタイムスリップできるでしょうか。
[PR]
by hazuki-cat | 2005-12-21 21:13 | 絵とおはなし

タバコの話、再び

元喫煙者である私の伴侶の考えでは、
「歩きタバコなどの問題を法律で罰して解決しようとしてもムダ、
タバコ税を思いっきり上げ、タバコの価格を値上げするよう訴える方が早い」というのです。

健康上のリスク(医療費の増大)・路上清掃のコストなど実際に費用がかかりますし、
「それなら最初から多額の税金をかけて一箱1000~2000円くらいにすれば、
路上でタバコを吸ってその辺に吸殻を捨てるなんてモッタイナイことはできなくなり、
タバコを吸えるだけの経済力のあるマナーを弁えた人のみが、
自宅の整った環境でじっくりと喫煙するようになるだろう。
また、未成年者がお小遣いで買えなくなれば、喫煙の害も防げるはずだ」…という発想。
現実に、フランスやカナダではこの方法が取られており、
皆タバコを大事に吸うから、街中で吸殻などほとんど見かけないとか。

今吸っている人にマナーを!とばかり考えていましたが、逆転の発想で目から鱗でした。
統計によると、今や日本の喫煙者は全人口の3割を切ると出ていますから、
うまく働きかけられれば実現できるかもしれませんね。
…マナーを守ってる方にとっては「とんだとばっちり」になりそうですが;;
[PR]
by hazuki-cat | 2005-12-20 00:15 | Cogito, ergo sum

宮坂駅の「東風」

東急世田谷線の宮坂駅にぴったりくっついて、「台湾小龍包 東風」というお店があります。
以前近くに取材で出かけて、遅めのお昼ゴハンに立ち寄った飲茶のお店。
ここがなかなかよかったのですよ。
席数10程度かな、かなりこぢんまりしたお店で、窓の外を世田谷線がのんびり通ります。
ランチタイムを遅くまでやってて、しかもおいしかった!
でもここ、完全に住宅地の中だから、何かついでがないと行きにくいかも?

セットのデザートはマンゴープリンをいただきました。
マンゴー大好きな私であちこち食べ歩いてるけど、今まで食べた中でいちばん。絶品です!
(画像を探していたのですが、ついでに撮ったものなので見つかりません;;)

ここでも紹介されてますが、表題の読み仮名が間違ってる(笑)
[PR]
by hazuki-cat | 2005-12-19 23:52 | (゚д゚)ウマー