ねこのじかん

hazukicat.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Flower Power( 7 )

ソメイヨシノが消える前に

f0014658_23113836.jpgソメイヨシノの「両親」判明=オオシマザクラとコマツオトメ-遺伝子解析で
3月26日14時31分配信 時事通信
 桜の代表的な品種、ソメイヨシノは、伊豆地方に固有の野生種オオシマザクラと東京・上野公園などにあるコマツオトメの交配で生み出された可能性が高いことが分かった。千葉大や静岡大などの研究チームが遺伝子を解析した成果で、30日から茨城大で開かれる日本育種学会で発表する。
 ソメイヨシノの起源をめぐっては、(1)江戸時代に染井村(現在の東京・駒込付近)で育種された(2)伊豆半島に自生していた(3)韓国・済州島の王桜が先祖-との3つの学説があった。今回の遺伝子解析結果によると、染井村説が有力となる。 
最終更新:3月26日20時31分
(写真上=オオシマザクラ、下=コマツオトメ)
-------


今日本中で生育しているソメイヨシノは、同じ木の「クローン体」であるという。
ソメイヨシノは種を作ることができない品種だから、挿木や接木でなければ殖やせない。
しかも、遺伝子的にはそろそろ寿命が来るため、そう遠くない将来、一斉に枯れる運命にあると聞く。

春を彩る薄紅色の雲のような花が姿を消す前に、
今のソメイヨシノと同じものを作り殖やしてほしいと、桜好きの私はつい思ってしまう。
新しく植えた木が大きく育つには、またかなりの時間が必要なのだろうけれど。
[PR]
by hazuki-cat | 2007-03-27 08:54 | Flower Power

そして、東京は桜の季節へ

f0014658_105555.jpgつぼみの中に可憐に開いた桜。気象庁は20日、東京で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。今年、全国で最も早い開花宣言。平年より8日、昨年より1日早い(東京都千代田区の靖国神社)(時事通信社)[yahooニュースより]

全国トップで東京の桜開花、過去3番目の早さ
3月20日21時5分配信 読売新聞
 気象庁は20日、東京で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。同庁が開花予想を発表する地点の中で最も早く咲いた。
 昨年より1日、平年より8日早く、1990年などに並ぶ過去3番目の早さだった。
 東京の桜の開花は、千代田区の靖国神社境内にある標本木が基準。同庁職員が同日午後3時、6輪の花が咲いているのを確認した。都心の満開は約1週間後となりそう。
 同庁は今月7日、都心の開花予想日を18日(計算ミスで21日に訂正)と発表。その後の冷え込みなどから、23日と修整したが、結果として3日早かった。
 北海道の一部と、鹿児島県・奄美大島以南の地点では、桜の開花の確認に、ソメイヨシノ以外の品種を用いている。
-------

桜が早い早いと思っていたら、東京が「全国トップ」ですって。
ソメイヨシノを基準にすることが多いからなのでしょうか。なんだか意外な気がします。
だってねぇ、伊豆の河津桜なら、とっくの昔に咲いて散っちゃってるのよ?
もっとも今年のタイミングじゃ、
東京でも卒業式・入学式ともにはずれてしまいそうで、ちょっぴり残念です。

それにしても、日本人の桜に対する関心は半端じゃないといわれている中、
東京人の桜好きは群を抜いているような。
そろそろ花見だ♪と少々浮かれ気分の町の人を見てると、そう思います。
…いやまぁ、人のことは言えないんですが(笑)
[PR]
by hazuki-cat | 2007-03-20 23:50 | Flower Power

サクラサク

f0014658_2331658.jpg3輪だけ咲いている靖国神社境内のサクラの標準木の花=東京都千代田区で16日午後4時4分、山本晋撮影(毎日新聞)[yahooニュースより]

薄紅もうすぐ 靖国神社で桜咲き始める
3月18日8時0分配信 産経新聞
 東京都千代田区の靖国神社境内で桜(ソメイヨシノ)が17日、咲き始めた。この木は気象庁が東京地点の開花状況を調べる標本木。気象庁は当初、東京での開花予想を18日と発表していたが、コンピューター上のデータ入力ミスが判明。14日には「23日」に修正していた。
 気象庁の担当者は「指針では5、6輪が咲いた時点を開花としている。管轄の気象台から開花連絡は受けていないが、結果的に最初の予想の方が近くなってしまうかもしれない」と話していた。
-------

冬という感じがしないほど暖かかったこの冬でしたが、
やはり桜の花も早いようですね。
次の週末は、友人たちとのお花見になるかもしれません。
[PR]
by hazuki-cat | 2007-03-18 16:18 | Flower Power

元気な玉ねぎの人

f0014658_0301192.jpg無農薬有機栽培の元気な玉ねぎを買ってきて
キッチンの片隅に数日放置していたら、
健気にも芽を出してビニール袋を突き破ってました。
店先は寒かったから、あったかい我が家で安心したのでしょう。
しかしそう思うと、かわいそうで食べられなくなってきます。
どうしよう?(笑)
さすがにベランダで栽培するわけにもいきませんし…。
[PR]
by hazuki-cat | 2006-02-13 22:25 | Flower Power

キング・プロテアの記憶

Where is your native soil?ときかれて、ことばに詰まったことが何度かある。
「お国はどちらですか?」といったところ。

出身地というのはどこを指すのだろうと、つねづね思っていた。
本籍のある場所というのは、一般的なのだろうか?
私の現在の本籍地は、帰国してしばらく横浜に住んでいるときに喘息が出て
郊外に建売住宅を買って「避難」した地に過ぎないため、
(何かと戸籍謄本を取る必要があった頃で、不便だったから移したらしい)
コドモ時代の大部分を過ごした場所ではあるが、出身地と呼ぶには疑問符がつく。
しかも今では私の実家は東京都内に戻っているから、なおさらのこと。
戸籍上の出生地S市にいたっては、私がそこに住んだ事実すらない。
「父祖の地」は親戚の冠婚葬祭のときに何度か行ったことがあるきりで、
そこで育った父には所縁があるかもしれないが、私にとっては見知らぬ土地だ。

私はそこで、「South Africa.」と答える。
最初の記憶のある場所。今も懐しくてたまらない、アフリカ大陸の南の果ての国。
こことて、父母が仕事で滞在している間に私たち姉妹が生まれただけの縁であり、
私を育ててくれたLucyndaや幼友達も、Apartheit崩壊後にかの国を去っているが、
心の故郷であることには違いない。
インパクトが強すぎてみんな一発で私を覚えてくれるというオマケもつく。

f0014658_0502756.jpg昔は滅多に日本では見なかった
南アフリカ共和国の国花「キング・プロテア」。
最近は街のお花屋さんでも見かけるようになった。
ピンク色の重たげな頭を揺らすプロテアを見るたびに、
私は一瞬、小さな女の子に戻っていくような気がする。
花言葉は「自己実現」だと友人が教えてくれた。
可憐な色合いなのに造りのがっしりした花だけあって、
さもありなんと思ってしまう。
[PR]
by hazuki-cat | 2005-12-30 23:47 | Flower Power

Where do the marguerites go?

f0014658_0394457.jpgマーガレットという花は愛らしい姿に似あわず、
しぶといまでに強い生命力を秘めている。
いつだったか、とある女性アーティストのライヴで
マーガレットを一枝もらい、自宅に持ち帰って生けておいたら、
その後の数週間という長い間、次々と花が咲き続けて驚いた。

そのとき花をくれた彼女は、今年デビュー25周年だとか。
「青空と緑が大好きな珍しいロック歌手」と称し、
エコロジーを推し進める生活をしているが、
どうもここ最近、変な方向に走っていっているのは気のせい?
少し前、「近くで演るからライヴにいらっしゃい」と声をかけられ、
終わったあとに楽屋へ顔を出しに行ったときも、
TV関係者に対するアピールばかり必死で、私の存在は忘れられてる感じだったから、
スタッフに挨拶だけして、そろ~っと帰ってしまった。

詞を大事にするといっている割には、どうも薄っぺらい印象は否めないし…。
お~い、どこまで行っちゃうの?と、ちょっと心配していたりする。
[PR]
by hazuki-cat | 2005-12-28 01:53 | Flower Power

11年めのローズマリー

f0014658_1744233.jpg三宿交差点のお花屋さんで苗木を買ってから
11年めの冬、
ベランダで育てているローズマリーが
初めて花を咲かせた。
晴れた日には富士山も遠くに見え、
日当たりのよすぎるほどの特等席で、
ぽつりぽつりと咲きはじめた薄紫の小さな花は
今、ほとんど満開になりつつある。


思えば、この小さな樹にはずいぶん過酷な「人生」を強いてきた。
最初は日当たりがよいとお世辞にもいえないアパートのベランダで。
栽培法などろくに知らず、剪定もしなかったからすっかりいびつな樹形に育ってしまった。
精神的に生きていくのもつらかった頃には放置して枯らしそうになり、
ようやく生き残ったのが、ここにある部分。
実家に戻ったらほどなく南側にマンションが建ったせいで日照時間が減り、
カビやら虫やらがわいた挙句、またしても枯らしそうになった。
昨年年明けまもなく実家を出て今のマンション(徒歩10分)に引っ越したときは、
仕事が忙しすぎたのと家族との生活時間の違いから鉢植えまで持ち出せず、
今年の春にやっと時間ができて取りに行ったら、他の鉢はほとんど全滅状態。
いちばん古参のこのローズマリーだけが健気に枝を伸ばしていた。

伴侶と2人で暮らすこのマンションは南側が開け、これでもかというほどお日さまが照らす。
冬の日中は室内の暖房も要らないほど暖かい。
ここに来て育ちすぎたせいか根がまわってキチキチになっていたものだから、
秋になってから鉢を植え替え(あんまりきつすぎて、鉢を叩き割らないとはずせなかった!)、
株が弱らないよう剪定せずにおいたら、いつのまにか蕾がみっしりとできていた。
この10年もの間、どうやっても花が咲かなかったのに。

そう、11年め。
苗を素焼きの鉢に植えて育てはじめたあのときは、確かに幸せな時代だったかもしれない。
だけど、当時へ戻してほしいかと誰かに訊かれたら、脊髄反射で否というだろう。
その後に続く修羅の日々をまた繰り返したいとも思わないし、
年月を重ねた「今」は何ものにも替え難いほど充実していて、まちがいなく幸せだから。

-------
写真は、ハーブ研究家の広田せい子さんのサイトから臨時で借用。あとで差し替えます。
[PR]
by hazuki-cat | 2005-12-07 12:39 | Flower Power