ねこのじかん

hazukicat.exblog.jp
ブログトップ

がんばれ順天堂医院

病院通いでタクシーを利用しなければならないケースは、かなりあると思うんですよ。
私自身がケガや病気をしたときにもたびたび利用しましたし、
母が肺を患って入院した際にも、患者本人である母も
何度となくタクシーのお世話になりました。

実家のすぐ近くにも大学病院があるので、
最寄りの駅前で客待ちしているタクシーも多く、家に帰るためにタクシーを使うこともあります。

でもねぇ。
たいていはそのタクシーがものすごくタバコ臭くて、 乗ってるうちに具合が悪くなるんですよね。
健康になるため病院に行くはずなのに、
その途中の環境が悪い所為で健康状態が悪化するとは、これいかに。

そんな中、水道橋の順天堂医院ががんばっているようです。

f0014658_1661122.jpg「禁煙車以外乗り入れ禁止」と書かれた順天堂医院の看板

雑記帳:客待ちできるのは禁煙タクシーだけ…順天堂医院
 ◇客待ちできるのは禁煙タクシーだけ――。順天堂大学医学部付属順天堂医院(東京都文京区)が、珍しい取り組みを進めている。既に、敷地内は全面禁煙化していたが「より良い環境づくりを」と導入した。
 ◇実は2回目の挑戦。1回目の昨年8月は、非禁煙車の乗り入れが絶えず失敗したため、今年6月にタクシー会社に協力を求め、出入り口に看板を設置した。
 ◇禁煙車の増加もあり今回は順調。同院は「きれいな空気で帰宅してもらえば、回復にも良い」。医療は診察だけでなく、帰宅時のケアにも万全を期す時代?【堀文彦】
毎日新聞 2007年9月17日 3時00分
-------

この動き、全国に広がってくれるといいのですが。
まずはうちの近所の病院に見習ってほしいかな。
[PR]
by hazuki-cat | 2007-09-17 16:16 | ニュウス