ねこのじかん

hazukicat.exblog.jp
ブログトップ

2ちゃんねるのつかいかた

一部の考えなしな輩による犯罪予告が報道されることもあって、
世間ではダークサイド扱いされがちな「2ちゃんねる」ですが、
「2ちゃんねらー」=「ニート」というステロタイプな図式はどうかと思う今日この頃。

まあ、そういう括りにしておいた方が楽だということなのでしょう。
私も知らないときは「ろくでなしの集まり」みたいに思っていましたが(ゴメンナサイ)、
実際のところは、普通のサラリーマンやクリエイターといわれる人たちも
普通の掲示板と同じように見て、参加しているわけですよ。
つまり、yahooや@niftyなどのサイトを利用しているのと同じ感覚。
インターネットの利用者で2ちゃんねるをまったく見たことのない人は少ないでしょうし、
もはや「2ちゃんねらー」というカテゴライズに意味はなくなっている気がします。

見る側が利用の仕方さえわきまえていれば、あれはあれで興味深い場でしょう。
顔も名前も知らない同士が妙な連係プレーを取ってしまったときなど、
伴侶とふたりで読んで大爆笑してたりもします。

確かに顔が見えない分、気が大きくなって罵り合いになっているところもあります。
でも、そんなのはこちらが見なければいいだけ。「トイレの落書き」とはよくいったものです。

私などは悪目立ちしているのか謂れのないことで中傷されることもあり、
何かの折に見かけると、正直、凹んだりもします。
裏に回って汚い話をコソコソというのは、どうも私の主義に合わないので。
匿名の隠れ蓑を着てネット上で叩くくらいなら、面と向かっておっしゃい(笑)
私が悪いのが解ればお詫びするなり誤解を解くなりできるものを、
誰が言ってるか判らないんじゃ、対応のしようもないじゃありませんか。

ちなみに私がよく見ているのは、生活情報系の掲示板です。
生活サロンとか一人暮らし板とか、まったりした雰囲気のところですね。
ねこのいるせいかつ」は猫好きとして外せません。
お笑いネタとしては「電車の中で見かけたこと」、
実用的?なところでは「ドケチの家庭菜園」や「食べられる野草・山菜」。
掲示板新設で移ったスレッドを追いかけていった先で見つけました。
別に自分が生活に困ってるわけじゃなくても、つつましさとケチ加減が読んでて面白いです。

しかし…うちの会社にいる永遠のお嬢様・Kさん(世が世なら…という御大家の令嬢)まで
2ちゃんねるをご覧になってるとは思いませず。
不動産板でときどき質問なさって、いろいろ教えてもらってるとのこと。
つくづく世の括りなんてあてにならないものよね。
[PR]
by hazuki-cat | 2006-01-28 08:22 | Internet散歩